グッピー飼育セット
このセットは初めて小型の熱帯魚を飼う方や少数だけ飼いたい方に最適だと思います。
机やカラーボックスの上にも設置できる18センチの水槽で、私がグッピーをお譲りした方の多くは、このサイズの水槽で飼育を始めています。

この水槽には音の静かなで取り扱いも簡単な、濾過器(テトラオートワンタッチフィルターAT-20)とヒーターがセットでついていますので、とりあえず、必須になる物が一通り揃います。。
これらの物を単体で揃えようとするとなかなかこの値段ではありません。
コストパフォーマンスが非常によくてサイズも手頃。
初めて小型の熱帯魚を飼うのには良いセットだと思います。
フタも水槽もアクリルなので割れにくいのも安心です。
必要があればライト、底砂、隠れ家になる置物などを買い足せばよいでしょう。

このサイト作成時は、テトラグッピー飼育セット(右の画像の水槽)という名前で販売されていた17×17×17cmのセットがありましたが、現在は熱帯魚飼育セットAW-18TFという(18×18×23cm)セットをおすすめしています。
送料無料で買えるので値段を抑えたい方にはおすすめです。
テトラ 熱帯魚飼育セット AW-18TF

後は餌さえあれば飼育自体は問題なくできるので、必要な場合は底砂とライト、水草等を入れても良いと思います。

もっと安セットもありますが、ヒーターがついていなかったり、フィルターがエアポンプ式のものだったりというものになるので、あまりお勧めはしていません。

【この水槽に付属で買うならこちらがおすすめです】
熱帯魚のえさとしてではなくメダカのエサとして定番中の定番と言えるものです。
熱帯魚用のものよりも安いのですが、当然問題なく使えます。
小型水槽で小型の熱帯魚を飼育するのでしたら、1年くらいもつ量です。
送料込みでこの価格なら、迷わず買ってよいでしょう。
上の熱帯魚飼育セットのような小型水槽の場合、明るい場所に置く場合はライトなしでもあまり気になりませんが、ライトが必要な場合はこのライトが良いと思います。LEDなので消費電力を抑えられることと、LEDライトの中では安価で、信頼のおけるメーカーのものです。
フィルターの水流があると、水槽内部に水面の揺らめき見えます。
このサイズの小型の水槽ならこれ1本でじゅうぶんでしょう。
底砂は色の好みがあると思いますが、水槽全体が明るいイメージが良い場合は明るい色の砂、熱帯魚の色を引き立てる場合は色の濃い砂(黒に近い)ものを使います。熱帯魚飼育セットの商品イメージにも使われている砂は明るい色の砂を使っているので、全体が明るくなります。

スマート熱帯魚飼育セットに水草を植える場合は砂の大きさなどにもよりますが1kg以上あった方が良いです。薄くひく場合は1Kgなくても足ります。

こちらは、外掛け式フィルターの吸い込みによる、モーター停止の危険性が少ない粒の大きさの砂で、PHの変化を気にしないで済む天然素材を使って作った砂です。
ろ過バクテリアを定着させ、水質を安定させます。

こちらは1袋で2kgあるのでアクアウェーブ熱帯魚飼育セットにはちょうどよい量になると思います。
このページの上の画像の水槽では800g使用しています。