脱皮したオカヤドカリの抜け殻

オカヤドカリは脱皮の際はしばらく砂の中に潜ったきりになるので、死んだのかと心配になります。「最近見かけない」「何日も動いた形跡がない」と思ったら脱皮かもしれません。

でも、うっかり触ってストレスをかけると、脱皮に失敗する事があるようです。(脱皮不全)

脱皮で砂に潜っている期間は3か月以上のことも

オカヤドカリは小さいうちほど脱皮に要する時間は短く、頻繫に脱皮をし、大きな個体ほど脱皮に要する時間が長く、頻度は少なくなるようですが、例外として、こちらの飼育環境では、脱皮不全を起こした場合には、次の脱皮までの期間は短かったという事はあります。

また、小さい割に長期間潜っていることもありますので注意が必要です。

小型のオカヤドカリでも1か月間程度、大きなものでは3か月程度は黙って待つことをお勧めします。

オカヤドカリは砂の上で脱皮をすることもある

通常は砂に潜って脱皮しますが、大きめの砂で飼育している期間に、砂に潜らず水槽の隅でじっとしている状態で脱皮を繰り返したこともありますので、何日も動かなくても基本的には触らないようにしたほうがよさそうです。

実際の飼育中に、砂の上で脱皮を繰り返していたオカヤドカリが脱皮不全を起こしたことが2度あります。2度とも触るなと言っているのに、オカヤドカリを持ち上げてしまう人がいたのが原因の一つではないかと考えています。

脱皮不全を起こさせないために

脱皮不全を起こしたオカヤドカリ

脱皮に失敗すると命にかかわるので、動かない日が続き、生きているかいくら不安になっても、絶対に持ち上げたりしないで下さい。

脱皮に失敗すると死んでしまったり、ハサミや脚が普通とは違う形になったりして、普通に動けない状態になったりすることもあります。

脱皮不全を起こしても死ななかった場合は、次回の脱皮で元通りになりますが、まともに動けない状態で餌もうまく食べられないような状態になったりすれば、はそのまま弱ってしまったりすることもあると思います。

また、脱皮した殻を見つけた場合、取り出したくなるかもしれませんが、そのままにしておけば食べるので、取り出さずに入れておくことをおすすめします。

エサも殻を作るのに必要な栄養を取れるように、川エビやザリガニのエサ、ヤドカリのエサなどを与えておくほうが良いと思います。