アルビノレッドタキシード
もうしばらく前からゴールデンレッドタキシードの中から時々アルビノが生まれるようになっています。

どの親がアルビノの遺伝子を持っているのかわからないので、偶然生まれてくるのを待つばかりです。

アルビノは視力が悪く、通常のものより繁殖しずらい傾向があるそうです。

なかなかアルビノ同士の繁殖には至りませんが、これからもがんばってみようと思います。

ちなみに、アルビノと言われるものにはリアルレッドアイと呼ばれるものとブドウ目のアルビノとよばれるものがあります。

見た目はよく似ていますが、リアルレッドアイとブドウ目のアルビノは遺伝的には全く別物ですので、これらを掛け合わせてもアルビノは産まれないのです。

うっかり掛け合わせるともう分けることが難しくなってしまうので、アルビノの飼育を始める人は気を付けてください。

こちらのグッピーはブドウ目のアルビノになります。