オカヤドカリは寒い環境では死んでしまいますが、ヒーターは飼育環境が常に20度くらいあるような場合にはなくても特に問題なく飼育可能で、経験上、飼育容器内が冬場の夜間でも16度程度までしか下がらないような環境でなら無事に冬を越したことはあります。

ただ、オカヤドカリは室温が20度程度はあるほうが良く活動しているように思いますので、そのくらいの温度は保ってやりたいところです。

特に、冬場の室温が15度以下の日が続いたり、夜間などに10度を下回る時間が長く続くような環境で飼育する場合にはオカヤドカリが弱ったり、最悪死んでしまうことも考えられるので、ヒーターは必須と思ったほうが良さそうです。

とにかく初心者だと思う場合は快適に過ごせる20度程度以上の温度は保つことをお勧めしておきます。

い一番良いのはエアコン制御ですが

本当はヒーターを使わずにエアコンで管理するほうがいいのは間違いありません。

こちらではヒーターの入った水槽にオカヤドカリの飼育ケースを浮かべて冬場をしのいでいますが、この方法も一般的ではないので、通常は爬虫類用として販売されている、容器の下に敷くか蓋や壁に貼るようなタイプのヒーターを使うと良いでしょう。フィルム型のヒーター

ヒーターを使う場合は飼育容器内の温度を確認できるように、飼育容器内の温度を計測できる温度計も準備する必要があります。

オカヤドカリ飼育での爬虫類用のパネルヒーターの使い方

ヒータを使うと飼育容器内がとても乾燥しやすくなるので、水切れにならないように普段以上の注意が必要です。

特に脱皮中で砂に潜ったままのオカヤドカリがいる場合は、ヒーターはなるべくオカヤドカリから離れた位置に設置し、ヤドカリの周囲の砂が乾かないように確認したほうがよさそうです。

パネル式のヒーターは飼育容器の底に敷いて使う物が多いのですが、飼育容器の底に敷くと砂の乾燥が早くなるので、脱皮のために潜っているオカヤドカリがいる場合は注意したほうが良いでしょう。

このような場合には、ヒーターの効果は低くなりますが飼育容器の上や横につける方が安心です。

特にヒーターを蓋の内側に貼り付けようにする方法が、砂の底に潜っているヤドカリは乾燥のダメージを受ける確率が減ると思います。

ただし、このような設置をすると思ったほど飼育容器内の温度が上がらないと思いますので、飼育容器全体を断熱材で覆うなどして保温する必要があるかもしれません。